丸石神紀行

十三年前の地図を頼りに丸石神を求め、山梨県を徒歩で旅したさまよいの旅行記。

  1. 序文:
  2. 丸石神誕生:
  3. 丸石神信仰:
  4. 丸石神分布:
  5. 終文:

4.丸石神分布 - 1

 どうにか目的の道に合流した私は、路端にたたずむ丸石神や神社脇に積まれた丸石の山とまみえる事ができた。神社の丸石には名前が付いているものも多く、何だか立派な扱いだな、と驚いた。車の量が増え、ビュンビュン端をかすめる所にも、丸石神はひっそりと立っている。何故か隣がゴミ捨て場だったりして、ちょっと笑った。

 八日市場跡で大々的に祀られている丸石を見た後、私は七日市場へと足を向けた。七日市場には直径一メートルもある山梨最大級の丸石が祀られている。丸石の大御所といった感じか。これを見ずして何が丸石の旅か。日暮れはもう近かった。七日市場へ行ったら、急いで引き返して山梨駅を目指さねばならない。私は落日の勢いに急かされるように、大股で歩いた。

 しばらく行って、念のため地図を見直した。ぐるぐる回したり逆さにしたりしているうちに、ふと違和感を感じ出した。何かおかしい。このまま行けば、終着地山梨駅ではないか。やれやれまた間違ったとばかりに、私は肩をすくめた。もう自分に怒る力もなく、私は呆れてさっさと元の道を辿った。

 分岐点に戻ると、太陽は山の間際だった。もう一方の道に踏み出す前に、行く時にも見た案内板にもう一度目を凝らす。

 三たび私は引きつった笑顔で悟った――迷った。さっきの道が正しかった。あっている道を、わざわざ引き返して来た。案内板を見、地図を見て進む上で、何をもってこんな事になったのか。私が私の理解を超えた。ある意味超人である。日は沈んだ。帰宅の時は迫る。私は後悔の念にかられながら、山梨駅へと向かった。今度の道はあっているはずだ。そうは思えど先ほどからの有り得ない行動に、私はほとんど戦きながら、薄闇の国道を黙々と歩いた。

 このまま行き倒れたら、丸石のせいで死んだ事になるのだろうか。とても間抜けな死に様ではあるまいか。調査に来た警察に馬鹿にされるかも知れない。それは悔しいので、「祟り」と書いたダイイングメッセージを残し、腹いせ捜査を混乱させてやろう。

祟り

 そして、この知らせを聞いた友人らは、悲しんでくれるだろうか。どちらかと言うと、笑い話として語り継がれる最期である。暗闇に誘われ、妄想だけが元気を増してゆく。

 既に行き倒れた死霊のつもりで、陰々滅々と歩いていると、何体もの丸石神が横を通り過ぎる。探す手間など必要ない。何度シャッターを切った事だろう。さすがにその内、多すぎる、と可笑しくなってきた。こうなるともはや、他地域に丸石がない事の方が不思議に思えてくる。八王子に帰ったら、何事もなく祀られていそうだ。本当に山梨だけの風習なのか。何故、丸石は限られた地域にしかないのだ。

←前へ 次へ→ ↑上へ